HOME >商標権等の変更手続き

各種変更届


■ 氏名・名称及び住所に変更があった場合は、特許庁に届け出を行う必要があります。


1.出願中に変更があった場合

出願中に、住所(居所)に変更があった場合は、住所(居所)変更届を提出します。
出願中に、氏名(名称)に変更があった場合は、氏名(名称)変更届を提出します。


2.登録後に変更があった場合

登録後に、住所(居所)に変更があった場合は、登録名義人の表示変更登録申請書を提出します。
登録後に、氏名(名称)に変更があった場合は、登録名義人の表示変更登録申請書を提出します。

印紙代が、各1,000円かかります。



■ 商標権を譲渡した場合は、特許庁に届け出を行う必要があります。
  ※ 登録しなければ、効力が発生しません。


商標権を譲渡する場合には、商標権移転登録申請書を提出する必要があります。
その際には、譲渡証書議事録などが必要となります。

費用が、30,000円かかります。



■ 商標権を相続した場合も、特許庁に届け出を行う必要があります。


相続による商標権移転登録申請書を提出する必要があります。

ア.被相続人の死亡の事実及び相続人であることを証明する書面(戸籍謄本)
イ.被相続人又は相続人の戸籍と現住所が相違する場合は、その同一性を証明する書面(住民票、戸籍の附票等)
ウ.相続人の間で遺産分割の協議をした場合は、民法第907条の遺産分割協議書
エ.その他の必要な書面

印紙代が、3,000円かかります。



■ 法人の合併の場合も、特許庁に届け出を行う必要があります。


合併による商標権移転登録申請書を提出する必要があります。
その際には、合併の登記がある登記事項証明書を添付する必要があります。

印紙代が、3,000円かかります。



■ 会社分割の場合も、特許庁に届け出を行う必要があります。


会社分割による商標権移転登録申請書を提出する必要があります。
その際には、会社分割の登記がある登記事項証明書及び、
被承継人による承継する権利を特定した証明書を添付する必要があります。

印紙代が、30,000円かかります。







 コンテンツ

商標知識


商標登録サイト
Copy Right 商標登録住所変更 Co.,Ltd. Since 2011