商標登録の必要性

使用している商標、または使用したい商標がございましたら、商標登録することをお勧めします。 我が国では、取引の安全性を重視し先願主義を採用しています。

先願主義とは、最先に商標登録出願を行った者に商標権を与えるという主義です。
同じ商標を使っている、または使いたいと思っている者が二人いた場合、 「どちらが先に使い始めたか?」(使用主義)ではなく「どちらが先に特許庁に出願したか?」(先願主義) によって商標権を与えるということです。

使用主義とは?

使用主義とは、先に使用をしている者に優先して権利が認められる制度です。

先願主義とは?

先願主義とは、使用の有無に関わらず、早く出願した者に権利が認められる制度です。
同日に出願があった場合は、商標登録出願人の協議により定めた一の商標登録出願人のみが
その商標について商標登録を受けることができます。協議が成立しない場合は、くじによって決められます。

登録をせずに商標を使用していた場合、後から他人にその商標について商標登録出願をされ、
その他人が商標権を得てしまえば、その商標は使えなくなってしまうということです。
使用していた商標が使えなくなることを避けるためにも、商標は適切に登録しておくべきです。

我が国においては、先願主義を採用しているので、使用開始の後先ではなく、
登録しているかどうかが重要視されます。

商標権の住所変更について

商標権者の住所が変更された場合には、特許庁に登録しなければ、効力が発生しません。
登録名義人の表示変更登録申請書を特許庁に提出して、登録する必要があります。

商標登録の利点

商標権が設定登録されれば、商標権者は、独占権と排他権を有します。

商標権者は、自己の商標を指定商品・役務について独占的に使用でき、他人が自己の商標を指定商品等に使用している場合、または似たような商標を指定商品等に使用している場合などには、使用の差止めや損害賠償請求などを行うことができます。



 メニュー

 商標知識

 リンク


Copy Right 商標登録住所変更 Co.,Ltd. Since 2011